お知らせ&加盟店ブログ

月別アーカイブ: 2018年4月

2018.04.30

全館空気清浄・プレミアムマッハ空調

アイ・ホームでは、表記の「全館空気清浄プレミアムマッハ空調」を開発致しました。
マッハシステムでは、室内の空気を常に新鮮な空気に入れ替えつつ、循環させております。ターミナルとなる空調室前の天井部分に、パナソニック社の天井埋め込み空気清浄器を設置することによって、全ての部屋へ送られる空気が通過、循環する空気を一ヶ所で効率良く浄化することが可能となっています。空調室には粗塵フィルターが設置されていますがその手前で、微細なPM2.5級のハウスダストの捕捉まで可能とする空気清浄器を効果的に設置することになるのです。

yjimage

更に、床面付近に滞留する微細な粉塵は熱交換換気扇の排気グリルで吸い取って室外に放出することで合理的な、空気の交通整理が行われます。清浄な空気環境を実現します。

img_blow_image

 

熱交換

 

 

aihome_banner

2018.04.29

空気が健康をつくる

今や飲む水の価格は、500㎖で160円で売られており、ガソリンよりも高価なものとなっています。
ところで、人が1日に体内に取り込む空気は、成人で1日18㎏~20㎏と言われています。食物や水を合わせても3kg程度ですので、水よりも空気の質が健康に影響しそうだと想像されるところです。
事実、体験談とは申せ、多くの「良かったの声」が上がっているのが、実はアイ・ホームの行っているマッハ全館空調システム工法で家を建てられたお客様方です。
わかりやすすぎるマッハシステム入門書改訂版できました。

20180427115926223_0001

 

aihome_banner

2018.04.25

トリプルサッシで防犯ガラス可能

アイ・ホームではシャノン製のトリプルサッシを標準採用しておりますが、この度、サッシの障子枠の硝子間距離が拡大されたことで、防犯ガラス使用の施工が可能となりました。
硝子間距離を狭くすれば以前でも可能ではありましたが、断熱性能の低下が懸念され、これまであまりお勧めしておりませんでした。
今回は、障子枠の構造、スペイサーの改善等でコストアップ無しで硝子間距離が拡大されました。この時、これまで通りのトリプルサッシを採用されますと、従来よりも10%程度の断熱性能がアップとなります。しかし、防犯ガラスを採用する場合、防犯シートを挟み込む硝子が1枚追加となります。硝子厚がある為、従来のトリプル程度の断熱性能となりそうです。
近日中に、価格、性能についての詳細情報をお届け致します。

まど

 

aihome_banner

2018.04.24

高鍋町展示会レポート(21日22日)

2人で使いこなす自分流住まい

 平屋の住まいは数多く造られてきたが、今回は多くの啓示を戴きました。

   これぞ自分流

 洗面所と言われるスペースは、室内干し、収納、パウダールーム、ワークスペース様々な機能を併せ持つ空間になっています。
玄関にも近いこの多機能空間には、納戸も併設されており、これ以上使い勝手の良い住まいはあるのかな…?と思わせる程。

11

21

和室の窓はこれぞ設計

 敷地の横は交通量の多い高鍋木城線。多くの車が行き交っていますが、室内の静寂はトリプルサッシと厚い断熱の効いた壁でほぼ聞こえない程。
窓を普通に設けたら、道行く人と毎日目線が合ってしまいます。だから、上、下に窓が。部屋は4.5畳なのに吊り押入で床の間もそのまま、カット空間に。座った時に視線が下がるので、座敷の広さが吊り押入の下の部分まで拡張されて見え、6畳に見えてしまいます。更に庭の広がりが地窓から大きく見ることで更に広がり感が生まれました。

31

41

51

キッチンも明るく広々

61

多くの来場者で賑わいました。

71

aihome_banner