お知らせ&加盟店ブログ

2019.02.28

長期間家を不在にされる方へ

一般的な工法の住まい

 一般的な家では長期不在時には、週に1回程度、窓を開けて風を通し、室内に溜まった湿気を追い出す。日光を室内に取り込んで、紫外線による消毒をされることでしょう。
梅雨時や、台風時には、風通しや日光の取り込みは困難となり、理想的な維持管理は不可能です。

マッハシステムの住まい
長期不在に威力あり

 マッハシステムご採用のお客様には、次の3点をご提案します。炎天下の夏、不在にされた家に2ヶ月振りに帰られたとしても、ドアを開けた瞬間、貴方を高原のリゾートのような快適温湿度空間が出迎えてくれます。
「ようこそここへ クック クック  私の青い鳥」 (桜田淳子の歌より)
ということで、マッハシステムは青い鳥となって皆様を快適な世界へ導いてくれるのです。それでは、快適維持管理テクニックを公開させて戴きます。

aoitori

①  遠隔操作で維持管理

 アイ・ホームの全館空調は、一台のエアコンで全室の温度コントロールが可能です。
今日では、スマホ画面に室温と湿度が表示され、このデータを利用してエアコンの適正運転を操作することが出来るようになっています。
ネット環境が家に出来ていれば、全て解決です。ぜひご相談ください。
尚、家庭用エネルギー管理システム(HEMS AISEG2)を設置(アイ・ホームでZEH利用)のお客様は、こちらを利用されることで、室内の温湿度を計測可能です。こちらと組み合わせることも可能です。

②下記の一覧表に基づき操作

エアコン

※家の広さ、窓の大きさで実際にはエアコン・コントロールに差が生じます。

③ 埃対策について

 長期不在となれば、室内の埃が心配です。こちらについては、一般的なこれまでのマッハシステムでは、3~6ヶ月に1回程度送風経路に設置されたフィルターに掃除機をかけて戴くことでマッハシステムの維持管理が可能でした。加えて、設置されている空調器の清掃を最初にして戴くことで、以後1年間程度はそのまま空調機を稼働されていてもエアコンについては問題ありません。
又、今般供給開始しました全館空気清浄システムをマッハシステムに組み合わせて戴くことで、約1年間について空調室内の送風用フィルターは清掃はしなくても良さそうです。後付けの電気集塵器の埃を静電気で捕集する力が強く、フィルターのような目詰まりもなく、長期間性能が落ちない為です。
又、空調室へのリターンガラリについては、生活時に発生するハウスダストが無人の状態では生産されることがなくなる為こちらも年に2回程度でOKかと思います。とは言え、人の目によるチェックはやはり大切です。マッハシステムにおいても、定期的に留守宅の状態をチェックされておいた方が良いことは申し添えておきます。

aihome_banner